物品販売業営む店舗共同住宅開口部のない耐火構造の床又壁で

物品販売業営む店舗共同住宅開口部のない耐火構造の床又壁で。1。下記の建築法規の問題解く法令集の見れば解け 、答え番なり 次の記述のうち、消防法上、誤っているのどれか ただ、建築物いずれ無窓階有ないの指定可燃物の貯蔵及び取扱い行わないのする 1 診療所(患者入院させるための施設有ない者する )及び飲食店の用途供する複合用途防火対象物の地階(床面積の合計450m^2)ついて、ガス漏れ火災警報設備設置なくてよい 2 延べ面積2500m^2、地上3階建ての倉庫設ける屋内消火栓、当該倉庫の階ご、階の各部分のホース接続口の水平距離25m以下なるよう設けなければならない 3 上3階建ての特別支援学校で、各階の収容人員10人ののついて、原則て、2階以上の階避難器具設置なければならない 4 物品販売業営む店舗共同住宅開口部のない耐火構造の床又壁で区画されているき、区画された部分、消防用設備等の設置及び維持の技術上の基準の規定の適用ついて、ぞれ別の消化対象物みなす 物品販売業営む店舗共同住宅開口部のない耐火構造の床又壁で区画されているき区画された部分消防用設備等の設置及び維持の技術上の基準の規定の適用ついてぞれ別の消化対象物みなすの画像をすべて見る。

1. 診療所患者を入院させるための施設を有しない者とする。及び飲食店の用途に供する複合用途防火対象物の地階床面積の合計450m^2については、ガス漏れ火災警報設備を設置しなくてもよい。消防法施行令第二十一条の二2. 延べ面積2500m^2、地上3階建ての倉庫に設ける屋内消火栓は、当該倉庫の階ごとに、その階の各部分からのホース接続口までの水平距離が25m以下となるように設けなければならない。消防法施行令第十一条 3の一イ3. 上3階建ての特別支援学校で、各階の収容人員が10人のものについては、原則として、2階以上の階に避難器具を設置しなければならない。消防法施行令第二十五条一4. 物品販売業を営む店舗と共同住宅とが開口部のない耐火構造の床又は壁で区画されているときは、その区画された部分は、消防用設備等の設置及び維持の技術上の基準の規定の適用については、それぞれ別の消化?間違い、《防火》対象物とみなす。消防法施行令第八条 別表第一防火対象物の項の判定別の内容は理解できていますか?

  • 元カレに連絡する 連絡なんか来ないと思ってたので困惑して
  • なぜ宿題をしなかった 今まで小学校も中学校もいつも一緒に
  • もう騙されない 男女どっちもいけるネカマって流行ってんの
  • 高い声の出し方とは 2ndに入れたい子の高音が安定しない
  • baycampurのblog jp/articles/9
  • Article By :

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です