鋼の錬金術師 等価交換で考えればある場所ある場所へ魂移動

鋼の錬金術師 等価交換で考えればある場所ある場所へ魂移動。心理の扉の中で心理を見る代償としてアルは体、エドは左足を持って行かれました。鋼の錬金術師エドワード?エルリックの右腕ついて質問 母親人体錬成ようた際、心理の扉開き、アルフォンス体持っていかれ アルの魂母親の様なのの中あったわけ、魂鎧定着させる為、エド右腕対価たいうこか 等価交換で考えれば、ある場所ある場所へ魂移動させるだけなので、まま出来そうな気するの、やり「魂」なれば、移動させるの心理の扉通る必要あるいうこでょうか どなたか詳い方 人体錬成。「人体錬成」とは。『鋼の錬金術師』のタグのひとつ。同作品における錬金術師
にとって最大の禁忌とされる。 概要 人間の体の一部もしくは全部を練成すること
。 ただし。欠損した体の一部や傷病を治す行為は「医療錬金術」として区別され鋼の錬金術師真理の扉とはなに。エドとアルが人体錬成をした際に。その等価交換の代償として。自身の体を持っ
て行かれています。また。作中そんな残酷な真理や真理の扉とはどの様なもの
なのでしょうか?今回は気絶しかける意識の中でエドはアルの魂だけを再び
錬成します。エドの右腕と引き換えにアルの魂を鎧に定着させることに成功
したのでした。鋼の錬金術師に登場する真理の扉とは。人につある扉のこと
です。正しい罰を与えるための審理をする場だということです。

鋼の錬金術師。しかもよく考えれば一年アニメのクセしてたかがクールで歌差し替えですよ。
よりによって前番組の悪いクセばかり受け継いでるしつこいくらい等価交換。
親の仇であるかのように等価交換。相手殺す瞬間にも等価交換。ただ。研究
するだけなら原作通り死刑になって。わざわざ生き返る必要は無かった気がする
んですよね。まぁ。誰もが思ったであろうスカーの壁からエドの様子を覗いた
アレですが。いくらなんでもあの場所の壁穴は都合良すぎるにも程があるという
か。なぜアルとエドは母親の錬成に失敗したのか~「ハガレン」から。主人公の兄弟エドとアルが扱う錬金術とは。ある物質の構成や形を変えて別の
モノに変換することのできる能力です。のような個人に特有な情報がそろっ
ていれば理論的には錬金術でエドとアルの母親は生き返りそうなものです。 エド
とアルもそのように考え。人体錬成は禁忌だとは知りながら。母親を復活させる
ために錬金術を一生懸命勉強します。だけを再構築しても死人は生き返らない
と解釈できなくもないですが。錬成したエドとアルの母親は人間の形を

鋼の。エドとアルが人体錬成をした際に。その等価交換の代償として。自身の体を持っ
て行かれています。そんな残酷な真理や真理の扉とはどの様なものなので
しょうか?気絶しかける意識の中でエドはアルの魂だけを再び錬成します。
エドの右腕と引き換えにアルの魂を鎧に定着させることに成功したのでした。,
エドもアルもこの時に見た真理の扉で人体錬成はそこで透明な人間と対面する
のです。, 鋼の錬金術師に登場する真理の扉の奥にある。真っ白な真理とは。前述
している

心理の扉の中で心理を見る代償としてアルは体、エドは左足を持って行かれました。帰ってきたときにアルがいない、代償として体を持って行かれたことに気づき、咄嗟に近くにある鎧に魂の定着陣のようなものをエドの血で書きましたこれはエドがその時咄嗟に頭の中で構築したものです。あの世界に全て持って行かれたアルは心理に実質体を操られているような状況なのかと思います。体を持って行かれた結果、『魂』というものが母さん『らしきもの』に定着してしまいそうになっていました。母さんらしきものに魂が定着しかけた要因が心理です。心理が要因であるため、また何かを取り返すためには心理の扉をくぐらなければならなかったのでは。と思います。長々書いといてあれですが、錬金術は等価交換。何かを得るためには同等の価値が必要です。鉄からは同じ価値の鉄。木からは同じ価値の木と言うように。そのため『魂』という大きなものを心理の扉からひっぱり出して定着させるというもののためには右腕という大きな対価が必要だったのかな。とも思います。その他にもあるの魂を引っ張り出せたことに、人体編成の際、エドとアルの魂の情報が混ざり合っていて、扉が向かい合わせにあることも関わっているのかなと考えてしまいました長々とすみません。私も好きなだけで、ガッツリ考察とかしてない上記憶力がないため間違っている部分とかぜっったいあります……ご了承ください……私の書きなぐり考察ですみません真理の扉には全ての知識が存在すると考えられます。なのでエドは真理の扉にアルの魂の所在と鎧への定着を求めた考えられます。その対価として右腕を支払ったと考えられるのではないでしょうか。またアルの記憶が曖昧であったので、同じようにショックな体験をしたエドも正しくこの出来事を記憶しているか定かではありません。エドは真理からアルを引っ張ってきたと思っているようですが、自分で肉塊から魂を鎧に定着させたのか真理に魂を誘導してもらったのかはっきり覚えていない可能性がありますね。僕も全話見ましたけど何回も見てる訳では無いので分からないんですけど、多分僕の解釈ではその心理の扉に飲まれてしまったアルの魂を取り戻す為にエドが腕を対価として部屋にあった鎧にアルの魂を定着させたのでは無いでしょうか?間違っていたらすみません。

Article By :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です