新改訳聖書 キリスト教徒よってユダいまだ裏切り者扱いされ

新改訳聖書 キリスト教徒よってユダいまだ裏切り者扱いされ。マタイ福音書はユダについて「後悔して死んだ」と書いているから、イエスの死に対するユダの責任は和らげられている。イエスキリストユダ言ったいわれる
「生まれてこなければよかったの」いう言葉ついて 衆人自身の利得るため人裏切る行為、子供の遊び単位で
仕事おいてよくあるこだ思
いわば人備え付けられた感覚なの、行うこで
神存在否定されるの
「ユダ災難だな」いう気持ちなります
キリスト教徒の人たちそころどう思われているのでょうか

キリスト「罪ある人々救済するため十字架かけられた」言われて
キリスト教徒よってユダいまだ裏切り者扱いされて許されていないよう感じます
キリスト教徒の方たちキリストの教え守っていないいうこでょうか 「最後の晩餐」とは。イエス?キリストの処刑前夜に。使徒人と食卓を囲む様子が描かれたこの作品
は。サンタ?マリア?デッレ?グラツィエ修道院の食堂に実はこの作品には。
あまり知られていない謎が隠されているのをご存知でしょうか?このような点
から。ユダが裏切り者であるということが暗示されています。

イエスはユダが自分を裏切ることを知っていながら。もしもユダがイエスを引き渡さなければ。イエスが十字架につく事は無かったと
考える人もいます。ある本の中で。主人公が「ユダの裏切りをイエスは知っ
ていたのに。なぜ行かせたのか疑問に思っていた」というつまり。神が予知し
ておられたからといって。ユダの「責任」が軽くなるわけではないのです。
ユダはイエスから愛され。悔い改めの機会を与えられていたけれども。最後まで
悔い改めようとはしなかった。オンライン礼拝は許されますか。新改訳聖書。アブラハムにイサクが生まれ。イサクにヤコブが生まれ。ヤコブにユダとその
兄弟たちが生まれ。 ユダに。タマルによって私は。あなたがたが
悔い改めるために。水のバプテスマを授けていますが。私のあとから来られる方
は。私よりもさらに力のある方です。神は御使いたちに命じて。その手に
あなたをささえさせ。あなたの足が石に打ち当たることのないようにされる。
あなたがたには。天の御国の奥義を知ることが許されているが。彼らには許され
ていません。

ユダは裏切り者ではなく。ユダとは誰か――原始キリスト教と「ユダの福音書」の中のユダ』荒井献著。
講談社学術文庫には。驚くべきことが書かれている。外典の『ユダの福音書』
では。ユダは裏切り者でないだけでなく。イエスから密命を託された。イエスの
「十二弟子」たちを超える最も信頼されているユダの福音書』を含む一冊の
写本コーデックスはおそらく墓地に隠されていたと想定されている」。
ユダはイエスによる『告知の隠された言葉』の受け取り手とされているだけでは
ない。裏切り者の位置。ボスチェストがないと思いきや。実は階部分が存在し。そこにボスチェストが
ある。 葉隠透は後に。自ら「轟の傍にいた」と発言しています。そして
。その作品の多くは。裏切り者とされているユダを画面の手前に描き。イエス?
キリストや他の弟子とは相対する。向き合う形の位置に描いてい · 近き

マタイ福音書はユダについて「後悔して死んだ」と書いているから、イエスの死に対するユダの責任は和らげられている。当時の人々にさえ同情されていたことは伺える。ユダを裏切り者として強く非難するようになるのはもう少し後になってからで、グノーシス主義が変にユダを持ち上げたことへの反動がある。fake_baster のような、変に「敵」を作る人間がいなければ、初期キリスト教の間で、ユダに対する評価はあまり一貫してはいない。たとえば、グノーシス主義と関係ないところでは、4 世紀頃のニコデモ福音書。ここには、復活したイエスの罰を恐れるユダと、その妻とのやり取りがコミカルに描かれている。話を元に戻すが、マタイに言わせれば、ピラトにもイエスの死に対する責任はない。では、イエスの死に対して責任を持つのは誰だろうか? マタイは言う、それはユダヤ人であると。ユダでもピラトでもない、ユダヤ人こそが自分たちの王を磔にし、殺害したのだと。その非難が激しさを増すのが、ヨハネ福音書。君の挙げた箇所だ。では、イエスの死に対してユダヤ人が責任をとるべきなのか? 福音書をよく読めば、そういうことでもないことが分かる。そもそも、ヨハネ福音書は、「神と被造物」の関係を、「イエスとイスラエル」の関係として語り直している。被造物が神を憎んだように、イスラエルはイエスを憎んだ。だが、神が被造物を愛するように、イエスはイスラエルを愛した。だから、イエスはイスラエルのために死んだのは、神が被造物のために死んだのだと。これがヨハネ福音書の基調に流れる考え方。そういう考えに基づくヨハネ福音書では、イエスを裏切ったユダを、「神を裏切った被造物」の典型として扱う。だから、君が挙げたような台詞になる。しかし、それでもなお神が被造物を愛した、というヨハネ福音書の考え方に基づけば、そのユダをもイエスは愛していた、ということになる。だから、ヨハネ福音書はユダに対する褒貶毀誉が他の福音書に比べて激しい。さらに、マタイ福音書によれば、十字架で死んだイエスとは、捕囚されたイスラエルの姿そのものであった。そして、イスラエルたるイエスを殺害したのは、イスラエルそのものであった。だから、「ユダヤ人に責任がある」とマタイが言ったのは、「イスラエルがイスラエルを殺した」ということになり、その象徴的な出来事がユダの自死であったと。そういうことになる。だが、イエスが甦ったことにより、イスラエルは真の意味で捕囚から解放された。それだけではない。イスラエルの解放は、すべての民族、すべての国の解放であった……てのが、マタイ福音書の大枠だ。だからこそ、マタイはユダの自死の後については何も言わない。kur****さんの回答、いいね。ユダは自殺したけど、でも、生きて生き恥をさらした人もいた。ペトロ。生き恥というとマイナスイメージになりがちだけど、それでもペトロには生きてく理由があった。私たちの信仰は、生き恥の岩の上に立ってる。それはとても大切なことなんだよ。誰も解かっていないが重大な教えです。しっかり整理しておきましょう。ユダとは肉のエバ穢場で女苦の始めで助で、すべてのもの母となった殻田の獣性の陰気で南無で666で精神霊性の足を射引っ張る鬼,悪魔性で、個人の中のユダと世界の中のユダがあります。ユダ=憂蛇,椅子仮汚手で怠けて幸せを得ようとする商人根性、これに反省悪阻の陽気なの太陽心、精神の矢を射るのがユダヤで、個人も世界も猶太アダム=仇武=侍、モーゼ、波を割る、腹を割るである、アナニ矢で真珠の魂の湾曲を攻撃する=望月殻田の開花→神気満体子実魂の結実=米国自由の女神→日本天照大神=番,ノ米日田=水に腐りゆく米に火を入れれば旨い魂のパンを得て天国に翻る蘇る=八幡ことができる、です。鬼にものを云わせれば魂は真珠になる、世界の成長の平和は闇の勢力と戦うことによって実現する、これが穴に矢で、凹に凸で母÷=憂様+父×=便→子十==螺鈿,テンにトウ達する魂の誕生=ウサマビンラデン、911、究明統一,スメラ三事=皇統、帝王、666→999=腹の蝮→竜に育って天国に真珠櫻島、屋久島を届ける、個人の前にも世界の進行の前プレにも創造主はつまずきの石妻の月の意思=陰間、南無=闇、裏切りを置くセント、このプレゼント現状=汚土、苦里を済ます旅の妙法が神と人の阿運アメン、のキャッチボール、二人三脚の狛犬であらわされているのです。長くなるので休題彼は生まれてこない方がよかった=これは現実的な裏切りのユダのことで、世界人類に悪を教える為に反面教師を遣わします。人類の魂の汚れのをふき取るための襤褸雑巾で、悪氣を見せて反省を促す役をさせられるのは、成長の見込みのない魂で、魂の最後の勤めをさせられるのです。例えばヒトラーや麻原彰晃等です。オンボロ人生で、おんぼー隠亡=死体を焼く、墓所の番人、襤褸の魂=何度輪廻しても反省せず、あの世でもこの世でも苦労するばかりであわれであるから主はこれに最後の雑巾の勤めをさせて、魂の修行を免除される、命を消される、これが本当の死です。人類を目覚めさせるためとはいえ、殺人などの最悪の役をさせられるのは嫌であるが、神も誰にもさせたくないのだが誰かがしなければ教えが成立しない、で、彼は生まれてこない方がよかった=泣き泣く使う神の言葉です。会計を任されていたユダ、金をマネーと見るか、GOALD天の光と見るか、商人か、侍か?が試される試金石であります。「ブルータスお前もか!」、青い牛がプラス+足すの助をする個人の中のユダ=ユダ「私は他の弟子から嫌悪されることになります」「いやそうではない、あなたはすべての弟子を超えた13番目のものとして未来永劫に誉を得るであろう」ユダの福音書=人の精神を育てる肉体で助で妻のことです。腹の虫の蝮は育てれば変容羽化して天に飛ぶ竜になる、勾玉魂の種であるということです。。これは酸い葡萄酒で自分の頭を混乱させる台風浦缶→」ウラカン→ハリケーンです。ゆえに、イエスは今後葡萄酒を飲まないと言っているのです。個人の中のユダと世界の中のユダがあります。漢字,地理、歴史,高麗犬、一切神の声、最後の学問「秀思學」のすすめ>「生まれてこなければよかったのに」地獄に堕ちて永遠に苦しむからです。>「罪ある人々を救済するために十字架にかけられた」自分の罪を認め、悔い改めた人の救いです。悔い改めなければ救われません。聖書の中のイエスは様々なことを言っています。?右の頬を打たれたら左の頬を差し出せと言っておきながら、 いざ自分が殴られたら「なぜ私を打つのか」ヨハネ18:23 とキレてます。?同胞に悪口言ったら地獄行き、マタイ. 5:22.とか言って、自分は同胞のことを、蛇マムシ悪魔地獄行き、マタイ. 23:17, ルカ 11:40, 24:25, マタイ. 3:7, 12:34, 23:33.と言ってます。イエスの発言が載っている福音書が書かれたのはイエスの死後40年から80年もあとのことであり、福音書にあるイエスは、歴史的イエスの姿や言葉を伝えたものではなく、それらが書かれる以前に伝承されていたイエス語録や、様々な口誦伝承を元にして、各著者が所属していた諸グループの教義を、亡き教祖の口に語らせたものです。したがって、聖書に書いてあるままを、イエスの姿とみることには、注意が必要です。-------------------キリスト教の思想はそのままほっておけば、悪行を重ねて地獄に堕ちてしまう者は今殺してあげることが慈悲の行為になるというものなのです。その思想が、それをイエスの口に語らせたイエスはそう言ったと書いたのです。神の敵は存在するな、という宣言。ただしイエスが言ったのではない。福音書はイエスの死40年以上経ってから、イエスの話を聞いたことも会ったことすらない人間が、教義にもとづいて作った物語。イエスに言ってほしいことをイエスの言葉として書いた。この言葉はマタイ26:24、マルコ14:21にあるが、新共同訳では先立つ文言に「不幸である」とし口語訳でも「禍いである」と弱めてあるが、本来の言葉は「禍いあれ。その者にとっては生まれないほうがよかった。」わざわいあれ、と強烈な呪いの言葉を投げつけているのだ。イエスは呪いの言葉をパリサイ人にも何度も吐いているマタイ23章などが、この、イエスの敵すなわち神の敵は呪われよ、そして存在しないほうがよかった、という言葉はイエスに関係なくキリスト教の教義としての確信である。歴史上キリスト教徒による虐殺?殲滅が数多くあるが、なにも旧約聖書の聖絶にさかのぼって根拠を求める話ではない。根源はそこにあるにしても、神の敵の存在を呪い、否定するイデオロギーは、キリスト教が強固に持つ思想なのだ。だからルターが農民戦争を鎮圧するよう封建領主を激励したときに言ったという、奴らが罪人として滅びるより、いま殺して存在しないことにしてやるのが哀れみだと。そして10万人の農民が無慈悲に殺された。いやそれが彼らの‘慈悲’だったと言うべきか。ルターに心酔していたというヒトラーの行為も、この通奏低音なしに行われたのではない。イエスが教えたのではない、神の敵の存在を否定する思想がキリスト教教義の大きな柱のひとつであり、その現れがこの聖句にみえるということ。元エホバの証人2世です。キリスト教から異端と思われてる宗派ですがその時教えて貰ったユダについてです。うろ覚え感満載なので100分で読める聖書ばりにフーンソウナンダーと流していただけると嬉しいです。ユダが許されないのはユダがした行動が『ちょっと横領しちゃった☆』とかそういうレベルの裏切りではなく、『神に対して言い訳できない冒涜行為』で日本でいう死刑レベルので、何をしちゃったかというと神の使いとして地上に来たイエスを当時の奴隷売買と同じ金額で売り払ったからです。ユダが自殺した後、ユダに金品を払ってイエスを捕まえた宗教指導者達でさえユダが持っていた自分たちが渡したそのお金を『汚らわしいもの』として扱いました。ユダを唆しといてお前……っていう最低な人達ですね。ただ、イエスが生まれる云年前に約束された子に関するいろんな予言があって、その中には、親しいものから裏切られる、銀30枚で売られる、と予言されていたので、イエスが選んだ使徒から必ず裏切り者がでなければ予言が成就しないし、そう考えるとユダが生まれてこないといけなかったし、予言の成就の為に操られてイエスを売ったあと後悔して宗教指導者達に会いに行きますがお前なんか知らんと言われ、号泣し自殺します死んだ挙句、聖霊に対する冒涜をした者は復活しないという事で聖書は永遠に生きる希望について教えてるのにそりゃ無くないか?と思っています。聖霊に対する冒涜をしたのはユダだけではなく、その時の宗教指導者達も復活しないと教えられました。ユダがいなければ予言が成就しなかったのに、ボロクソに言われて可哀想ですよね。ユダはイエスにとても信用されていてマタイという弟子の方がお金を扱う経験があったのにマタイではなくユダにお金の管理を任せました。にも関わらずそのお金に対する執着があり、任されていたお金が自分のものではないのに自分のもののように扱った結果サタンに付け入る隙を与えたからお前も同罪みたいな事を教えられましたが、聖書にはイエスが使徒たちにこの中の誰があなたを裏切るのか!と言った時『今からパンを浸してあげる人が裏切ります』といって浸したパンをユダに与えたらユダの中にサタンが入り『あなたがしようとしてることをしてきなさい』とユダを外に出してから残った弟子達と有名な最後の晩餐をします。先に裏切ったのイエスじゃね?と思えるくらいユダがひたすら可哀想で仕方ないです。自殺した時も、崖で首吊りしたかったのにロープが何故か切れて木から落ち、岩で腹が切れて内臓をぶちまけてしまう悲惨な遺体でした。その後ユダがイエスを売った銀30枚で畑を買って埋葬した様です。どういうことかというと、実際に土地を買ったのは宗教指導者達でしたが、『良くないことして得たお金は神の神殿の宝物庫には入れられないよ☆その時はそのままその人に返そうね☆どうしても寄付したいというなら公共の安寧つまり福祉に使うよう説得しよ☆』というルールがあり、これはいれたら汚れてるから宝物庫入れたらあかんやろ、という指導者達の決定でユダに返品しようとしますが死んでたので彼らが代わりに購入しますが、元はユダのお金なのでユダが買いましたよ、ということになるようです。この土地購入もイエスに関する予言の中にあったので成就したことになります。要約すると、ユダが許されないのは償いようもないことしちゃったから、という事になります。他にもアダムとエバ、カイン等の人達も許されないのは償いようもないことしちゃった人達なので、イエスが罪の贖いのために死んでも贖われないそうです。ユダが報われなさすぎて本当に可哀想ですよね。激レアさんが来た、だったら恐らく若林研究員から『預言の成就の為に貧乏くじ引いちゃった人』というラベリングされるタイプの人だと思います。ユダはイエスの様々な行いを目の前で見てきました。食べ物を増やしたり、湖を歩いたり、病気を治したり、死者を生き返したり、ユダは見てきた上で、信じた上で裏切りイエスは殺されました。聖書を読むと、神は何度も奇跡を起こして、人にしらしめても、それでも信じない者には厳しく処す事が他の箇所でも書かれています。見ないで信じる者は幸いです。見て裏切る者は、うまれてこない方がよかったのでしょう。 ただの裏切りではないと思います。イスカリオテのユダが実在した証拠はありません。従ってユダがイエスを裏切りだだ話も、イエス殺しの罪ををユダヤ人に擦りつけるための作り話でしよう。このユダヤ民族を思わせる名前からして、作為の匂いがします。このユダヤ民族を思わせる名前のユダはキリスト教社会では反ユダヤ主義、ユダヤ人迫害の象徴のような存在でした。聖書が書かれたとき、ユダヤ教とキリスト教は激しく対立し、相互に憎悪がありました。なので、聖書がイエス殺しの罪をユダヤ人としているのを鵜呑みにしてはならないと思います。 兎に角、聖書の反ユダヤ主義はその後のユダヤ人迫害を正当化した罪深いものです。●ユダの裏切りという話は、イエス殺しの罪をユダヤ人を連想させるユダという人物に押し付けるために、創作された可能性は高いです。イエス物語のクライマックスで劇的な場面が、何故7つの真正パウロ書に名が出て来ないのでしょう。罪にうるさいパウロが一言も触れていない。十二使徒も、12子宮や、イスラエル十二部族からつくられたものでしょうし、ユダはその中でもイエスに最も近いというのもそれほど見当違いではないでしょう 。しかし、こうした神学的要素は逆に福音書のイデオロギー性を強調するもので、実在性を疑わせます。ユダの人つまり当時のイスラエル民族を象徴した人物ということにもなる.いかにも神学的です。福音書の「その部分=イエスの処刑」が書かれた目的は「客観的真実の表明」ではなく「イエスの極刑への弁明」と「ローマへの気使い?媚びへつらい」であるとすれば、逆にローマ帝国への反逆にあたる何かがあったのかもしれません。キリスト教徒はローマでの布教のためイエス殺しの罪をユダヤ人に擦り付けたのでしょう。キリスト教団はイエス殺しの罪を、ローマに媚びへつらうため、ユダヤ人に擦りつけ、冤罪で2000年の間苦しめてきた罪は、福音作者と、それを無批判に信じて反ユダヤ主義を増長させたキリスト教徒にあります。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー福音書の記事は信憑性がありません。福音書ではおおむね、ピラトを「イエスに同情的だったが、ユダヤ人の圧力に負けて、やむをえず死刑にした」と描きます。だが、聖書の記述とは反対にピラトは非常に残酷な人物でした。ピラトの時代、パレスチナは非常に混乱していて、フィロンの語るところによれば総督は「汚職体質、暴力、窃盗、強盗、権力の乱用、しばしば裁判なしの囚人の処刑、限りない残忍さ」ガイウス302で特徴づけられるようです。ヨセフスによっても、「ピラトは聖書に書かれた人物とは真逆な性格で相当に冷酷で残忍な人物だったようです。{ヨセフスの『ユダヤ古代誌』18巻}フィロンに言わせれば「彼は融通のきかない性格で、とても頑固なばかりか無慈悲でもあった」〔フィロン「ガイウスへの弁明書」38章301節〕そして、十字架刑はローマへの反逆者に用いられる処刑法です。ーーーーーーーーーーーーイエスは反逆者としてローマによって処刑されたのでしょう。しかし、それではローマ布教に都合がよくなかったのでしょう。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー聖書はユダヤ人にイエス殺しの罪を擦り付け、ローマの権力には従属した記事が多い。ユダヤ人に対し聖書は悪魔から生まれたと言っている。ヨハネの福音8章 44節」あなたがたは自分の父、すなわち、悪魔から出てきた者であって、その父の欲望どおりを行おうと思っている。彼は初めから、人殺しであって、真理に立つ者ではない。彼のうちには真理がないからである。彼が偽りを言うとき、いつも自分の本音をはいているのである。彼は偽り者であり、偽りの父であるからだ。マタイによる福音書27:25「その血の責任は、われわれとわれわれの子孫の上にかかってもよい」ーーーーーーーーーーーーーーーーーローマ帝国の権威への媚ローマ書 13:1 人はみな、上に立つ権威に従うべきです。神によら . 神によらない権威はなく、存在している権威はすべて、神によって立てられたものです。2したがって、権威に逆らっている人は、神の定めにそむいているのです。●王や貴族にはこびへつらい第一ペテロ書2/13~17主のために、すべて人間の立てた制度に従いなさい。それが、統治者としての皇帝であろうと、あるいは、悪を行う者を処罰し、善を行う者をほめるために、皇帝が派遣した総督であろうと、服従しなさい。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー4世紀以降キリスト教会は神殺しの民としてユダヤ人の迫害を繰り返してきました。キリスト教がローマの国教となるとユダヤ教会には「セクタ?ネファリア」邪悪な宗派という刻印が押された。キリスト教会の主張に従ってビザンチン帝国は次々と反ユダヤ法を制定したのです。ユダヤ人嫌悪はキリストを十字架にかけた人々の子孫を世に残すことは神意に反するとして正当化されたのです。十、十一世紀になるとキリスト教神学に基づく戦闘的理念を形成し始めると教会が培ってきた反ユダヤ主義は現実的迫害に転化し始めたのです。、千九十六年十字軍はイスラム教に対する敵意だけでなく、最初から「キリストの殺害者ユダヤ人に対する「復讐」を誓っていたのです。ルーアンでユダヤ人を襲撃した十字軍は次々とユダヤ人コミニィティーを襲い、虐殺と略奪を重ね、生き残ったユダヤ人に改宗を強要しました。数万人の規模で殺戮されたようです。このころからキリスト教はユダヤ人に「血の中傷=ユダヤ人は過ぎ越しの祭りの犠牲にキリスト教徒の子供の血をすする」」と「聖体冒涜の中傷=ユダヤ人が教 会から盗み出した聖体のパンを拷問にかけている」という非難をユダヤ人に浴びせかけるようになりました。こうした嫌疑をかけられたユダヤ人は火あぶりにな りました。ゲットーに閉じ込めユダヤの星をつけさせたのはナチスが初めではありません。一二一五年第四ラテラノ公会議で、ユダヤ人とキリスト教徒の性行を禁止するため、ユダヤ人は自分がユダヤ人であることを示さなくてはならないと定められた。この決定に従って「恥辱のバッチ」の制度が始まった、一三世紀から一五世紀には宗教的熱狂主義から、しばしばユダヤ人の財産没収と追放が行われた。ドイツでは一斉追放はなかったが絶えずユダヤ人の虐殺は起きていた。●男性も「男性の魔女」ともいうべき形で含まれる。魔女の概念は当時のヨーロッパを覆っていた反ユダヤ主義とも結びつき、「子供を捕まえて食べるかぎ鼻の人物」という魔女像が作られていった。魔女の集会がユダヤ人にとって安息日を意味する「サバト」という名称で呼ばれるようになるのも反ユダヤ主義の産物である?魔女狩りをはじめたのはカトリックだが、、プロテスタント地域、またはプロテスタントの優勢な地域が大半を占め、、凄惨であった。わたしはこのような魔女に何の同情も持たない。私は彼らを皆殺しにしたいと思う。マルティン?ルター●ドイツで『魔女狩り』が苛烈を極めたのは、宗教改革後のプロテスタントによるものである。スコットランドでも、宗教改革前には一人も焚刑にかけられていないという。●処刑が激化したのは、カルヴァン主義の長老派教会の手によるものである。イングランドも、清教徒支配下でピークに達した。魔女狩り』の犠牲者は、30万人から700万人と大きな幅をもった推定がなされている。裁判記録などが残っているのできちんと調べればそこそこの範囲で推定できるはずである。今さら本当の数は公表できないというのが真意なんだろうルターが晩年「ユダヤ人と彼らの嘘」1、 シナゴーグやイェシーバーを、跡形残らず徹底的に焼き払うべし2、更にユダヤ人の所有する家をも打ち壊し、所有者を田舎に住まわせるべし3、宗教書を取り上げるべし4、ラビの伝道を禁じ、従わないようであれば処刑すべし5、ユダヤ人を撲滅するための方途を穏便に実行すべし6、高利貸しを禁じ、金銀を悉く没収し、保管すべし7、ユダヤ人を農奴として働かせるべし第二次世界大戦以降、学問の分野で支配的となった見解[4]は、本論文が宗教改革からホロコーストまでの数世紀において、ユダヤ人に対するドイツ人の態度に少なからぬ影響を与えた、というものであった。また、ナチスのホロコーストでも、ユダヤ人がナチスに虐殺されました。それに手を貸したのはドイツのキリスト教会です。そして、欧米のキリスト教会はその 事実に沈黙したのです。また、このナチスによるホロコーストは、16世紀の宗教改革者マルティン?ルターの書いた反ユダヤ的文献の影響を受けています。正確には「生まれなかった方が、その者のためによかった。」と言っています。決してユダの存在を否定しているわけではなく今後裏切り者として苦しむユダのことを心配しての言葉でしょう。そしてユダを裏切り者の象徴として利用しているので教えを守ってないというのは正しいかもしれませんね。汝隣人を愛せよですからね。

  • 竈門炭治郎 鬼滅の刃のかまぼこ隊炭治郎伊之助善逸は何故柱
  • 消防士に転職するには 自衛隊の採用試験では高校の時に部活
  • どくだみ茶 烏龍茶を飲んでしばらくすると鼻水やくしゃみが
  • リンケージ ノーマルコースと何が違うんですか
  • 空?雲の描き方ブラシの種類 夜の時間帯の砂浜を絵の具で描
  • Article By :

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です